イラムス その3

  • author: info
  • 2008/08/19 14:38

イラムスには血行促進作用があるので、女性に多い様々な悩み・不調の改善に役立ちます。 一番分かりやすいのは、冷え性でしょうか。 「冷えは万病のもと」ですから、冷えが元凶となっている、身体の不調改善に役立ちます。 当然、お肌にもよしです。冷え・疲労からくる 目の下のクマが気になっている方、顔色の優れない方、お試し下さい。特に、肩こり・頭痛・下腹部痛・腰痛などなど、いつもよりひどいときには、すり下ろしたしょうがを加えて飲むことをお勧めします。ノンカフェインなので、寝る前でも大丈夫。   

アーマvsアグニ

  • author: info
  • 2008/07/14 13:05

病気の原因は『不消化物=毒素=アーマ』であり、正常に消化されないことで生じます。消化器官に残った未消化物は、様々な種類のアーマになります。 それが血管や、リンパ管などの流れを遮り、身体の循環を閉塞させて、疾病を起こします。 そのため、アーユ・ヴェーダで使用される薬の多くは、『アグニ=消化力』を高めるものが含まれおり、個人のアグニにあった適切なスパイス・ハーブをとることを、重要視しています。

タマリンド

  • author: info
  • 2008/06/25 10:56

この酸味は何? と、思われた方も 多いと思います。 これは、「タマリンド」です。名前は聞いたことがあるかもしれませんね。 スリランカアーユル・ヴェーダでは、健胃薬、便秘薬、腸内ガス抑制、咽の痛みの治療薬などに 使用されています。 酸味の成分は、AHA。 化粧品では、おなじみですね。  古くなった細胞を落とし、再生を促す効果があると いわれています。 身体のなかから、細胞活性化が期待できます。

ハーブ・バス

  • author: info
  • 2008/06/12 12:13

     一日の疲れを癒すのは、やっぱりお風呂ですよね。 アーユル・ヴェーダでも お風呂の効用を次のように説いています。 「身体を清潔に保ち、病気を防ぐ。 血の巡りをよくし、ドーシャのバランスを整える。」  日本人にとって お風呂の楽しみは格別ですよね。  入浴剤にこだわる方も多いでしょう。  たまには、自分へのご褒美として ハーバル・バスでのバスタイムはいかがでしょう。 アロマテラピー効果もある、トロリとしたお湯の心地よさは、やみつきになります。 湯上りのお肌は、しっとり柔らかくなります。

タークンHOT

  • author: info
  • 2008/05/26 11:26

    10種類のハーブ、スパイスを 日本人向けにブレンドした、タークンHOT。 日本では聞いたことのない 名前もありますが、 スリランカアーユルヴェーダでは、 よく使用するものばかりです。 胃腸によく消化器の働きを高める作用をもちコレストロール中性脂肪の低減に役立ちます。  スリランカでは、食事の前に飲みます。 身体が温まるので、 これからの季節、 冷房がつらい方のランチのお供に、お勧めです。

野菜を食べよう

  • author: info
  • 2008/04/14 11:45

  現代人は、季節で野菜を感じることが 少なくなってきています。一年中
同じ野菜が手に入りますしね。そこでアーユル・ヴェーダー的お勧め・・・
 出来るだけ季節、旬の野菜を食べよう!
    生で美味しいものはそのまま、火を通した方が美味しいものは煮たり、
    炒めたりして、素材の旨味を生かしていただこう!
 出来れば、有機農法の新鮮なものがいいけれども、なかなかむずかしいでしょう。

 幸い私のところは農家の方々から、自家用に作っている新鮮な野菜を頂いているので、毎日旬の野菜づくしです。ありがたいこっちゃ!
  
 3月まで 、大根、ブロッコリ、ネギなど沢山たべました。  これからは、キャベツ、豆などなど、 楽しみです。