スリランカの自然

  • author: info
  • 2008/07/02 10:52

  スリランカには、固有種をはじめ多種多様な動植物を有する豊かな自然があります。今から約2300年程前の紀元前3世紀に、世界初の野生動物保護区が制定されたといわれています。現在でもタハマム・ケレーや、ワナ-タとして知られる古代の保護区が存在しています。
スリランカ唯一の自然遺産であるシンハラ-ジャ森林保護区は、約1万ヘクタールの熱帯雨林で、世界でここにしか生息しない動物が83種いることが確認されています。現在自然保護に携わる政府機関は、2つあります。野生動物保護局は、12の国立公園、
51の保護区、3つの特別自然保護区を管理しています。森林保護局は、森林はもとより、人間と生物の保護を任されています。また、法律で保護されている動植物と花の国立公園や保護区は、スリランカ国土の14パーセントを占めています。 スリランカは、世界有数の自然愛護国家です。

健康医学

  • author: info
  • 2008/06/02 11:08

   アーユル・ヴェーダの医学は、その知恵を 日常生活のなかに、 いかに反映させるかという事 を説いています。  いわゆる 「養生学」や「健康医学」 といった方が 分かり易いでしょう。  食事を中心とした 日常生活での養生を 重要視しています。  その代表的医学書『チャラカサンヒター』のなかでも、 「身体は食物によって作られ、病気は間違った食生活が引き起こす」と説いています。  病気の原因である 「毒素=アーマ」は、 食べたものが、正常に消化されないことにより作り出される、と考えます。  体調や体質に合わせて食べ物を選ぶことの重要性、そしてアーマを取り去る浄化法 を説いています。

アーユル・ヴェーダとは

  • author: info
  • 2008/05/29 11:17

   アーユル・ヴェーダはサンスクリット語で、「生命の科学」という意味です。 生命全体を包含し、個人の生命と宇宙の生命の繋がりを法則化したものです。  人間の身体を一つの宇宙として考えます。  身体、精神、霊魂の3つが、ともに健康であることを、めざしています。  個人の生命と、宇宙の生命を より深く調和させるための、あらゆる術をもっています。

スリランカアーユル・ヴェーダ

  • author: info
  • 2008/05/28 11:19

  スリランカアーユル・ヴェーダは、インド発祥といわれるアーユル・ヴェーダと、デーシャチャキッサという スリランカ固有の伝統医療が融合したものです。   インドにはないスリランカ独自のハーブを、多数使用するのが特徴です。  スリランカにしか自生しない、貴重なハーブ・薬草が数多くあります。 スリランカは、1961年にアーユル・ヴェーダ法を制定し、 1980年に伝統医療省(アーユル・ヴェーダ省)を創設しました。  現在、スリランカアーユル・ヴェーダを、国の知的財産として後世へ伝える為に、積極的に取り組んでいます。

タークンHOT その2

  • author: info
  • 2008/05/27 13:58

    初めて飲んだ時、とても新鮮でした。 新感覚の味、香り。 しばらく飲み続けると、胃腸の調子がいいことに気づきました。 飲まない日が続くと、胃がダメージを受けやすくる、と感じます。  それからは、定期的に飲用しています。   身体はほかほかして、元気が出てきます。 おかげで、胃腸はいい感じです。

タークンHOT

  • author: info
  • 2008/05/26 11:26

    10種類のハーブ、スパイスを 日本人向けにブレンドした、タークンHOT。 日本では聞いたことのない 名前もありますが、 スリランカアーユルヴェーダでは、 よく使用するものばかりです。 胃腸によく消化器の働きを高める作用をもちコレストロール中性脂肪の低減に役立ちます。  スリランカでは、食事の前に飲みます。 身体が温まるので、 これからの季節、 冷房がつらい方のランチのお供に、お勧めです。

早く平和に

  • author: info
  • 2008/05/15 11:23

 スリランカでお世話になった方々の 温かい笑顔を 思い出す度に、  元気がわいてきます。   皆様が、平穏で暮らせるように、 平和な社会が、一刻も早く 訪れますように、心から、祈っています。   またお会いする日を 楽しみにしてます。  皆さんお元気でお過ごし下さいね。

美味い!

  • author: info
  • 2008/05/14 11:16

  スリランカでは、親友をはじめとした、友達のお家などで、沢山の人が 歓待してくれました。  とにかく、どこでもカリーが美味しくて、 食べ過ぎましたよ。   ココナッツウイスキーも 飲み過ぎました。   それと、ロティ!    ビックリするほど 激うまでした。  深夜の到着にもかかわらず 、美味しいロティを 用意してくれた 老舗のホテル。  夜中2時にもかかわらず、完食しました。    果物も美味すぎです。   心美味し、味美味し、スリラン万歳!!  友達にも再会したいし・・・はやく、行きたいなぁ。

スリランカの人々

  • author: info
  • 2008/05/13 11:40

  スリランカに調印にいった時の感じたこと。  一言、「スリランカ人は みんないい人」。 古き良き日本のような 温かさがあり、懐かしさを 感じました。  国としては まだまだ これから発展する余地が ありますが、 日本が置き忘れてきた 良心 のようなものが、残っているような 気がします。  同じ仏教国だからでしょうか、 慈悲の心に満ちて、 ホッとする優しさがありました。  この国だからこそ、アーユルヴェーダが今も息づいているのだな と実感しました。   気候だけでなく、人々も暖かい、 とてもいい国です。

スリランカカリー

  • author: info
  • 2008/04/10 11:11

 前回に引き続き、カリー談義といたします。 大親友のスリランカ人が作るカリーは絶品デス!!  我が家にきたときは、必ず作ってくれます。  実に手際よく作ります。 チキン、ジャガイモ、が定番で それに季節のカリーが加わります。 彼の奥様が作るカレーもこれまた美味!! なんでも各家庭で、ハーブ・スパイスのブレンドが違うらしく、まさにおふくろの味といったところでしょうか。  カリーの色のもと、ターメリックは、炒り加減で色、辛さが違ってくるので、鮮やかな黄色のものから よく炒った茶色のものまで 何種類か用意してあります。   素材によって違ったブレンドをします。  私も手ほどきを受けました。何度か作ってみましたが、上手くは出来たものの・・・何かが違う・・・それはそうでしょう!  教わって すぐに煮物が美味く作れないのとおなじこと。 スパイスも奥が深い~

アーユルヴェーダ

  • author: info
  • 2008/04/08 15:20

草木の伊吹を感じる季節となりました。春が森の梢におりてきました。
早いもので、アーユルヴェーダ薬剤公社と契約を結んでから、一年と半年経ちました。
あのときお世話になった皆様、お元気でしょうか?再会のときを心待ちに、日々勤労して
います。
スリランカは、北部地域を中心に未だ戦闘止まず、犠牲者がででいます。そのほとんどは、志願して兵士になった若者だともききます。スリランカだけではなく、世界中には
銃を持ち、戦う子供たちが大勢います。わたしたち日本人にはとても想像しにくいことです。平和があたりまえの幸せと思わず、心から幸せと感じることが必要です。
世界中の子供たちが、ひとりでも多く、平穏にたのしく学校に通うことができますように。
そして紛争地域がひとつでも多く、なくなりますように。