21世紀の思想

  • author: info
  • 2008/07/16 11:48

アーユル・ヴェーダでは、「病気に罹っていないことが健康である」のではなく、「肉体のみならず精神、魂の3つが健全であることが健康である」としています。 人間の魂や心も含めて一つの宇宙としてとらえ、心と身体を健全に保つことで、魂の浄化を促そうとします。 つまり、「魂の健康をめざすこと」が、目的なのです。 この思想は、WHOでも認められ、老人医療をはじめ21世紀の医療の中核を成していくことでしょう。