健康医学

  • author: info
  • 2008/06/02 11:08

   アーユル・ヴェーダの医学は、その知恵を 日常生活のなかに、 いかに反映させるかという事 を説いています。  いわゆる 「養生学」や「健康医学」 といった方が 分かり易いでしょう。  食事を中心とした 日常生活での養生を 重要視しています。  その代表的医学書『チャラカサンヒター』のなかでも、 「身体は食物によって作られ、病気は間違った食生活が引き起こす」と説いています。  病気の原因である 「毒素=アーマ」は、 食べたものが、正常に消化されないことにより作り出される、と考えます。  体調や体質に合わせて食べ物を選ぶことの重要性、そしてアーマを取り去る浄化法 を説いています。