野菜を食べよう

  • author: info
  • 2008/04/14 11:45

  現代人は、季節で野菜を感じることが 少なくなってきています。一年中
同じ野菜が手に入りますしね。そこでアーユル・ヴェーダー的お勧め・・・
 出来るだけ季節、旬の野菜を食べよう!
    生で美味しいものはそのまま、火を通した方が美味しいものは煮たり、
    炒めたりして、素材の旨味を生かしていただこう!
 出来れば、有機農法の新鮮なものがいいけれども、なかなかむずかしいでしょう。

 幸い私のところは農家の方々から、自家用に作っている新鮮な野菜を頂いているので、毎日旬の野菜づくしです。ありがたいこっちゃ!
  
 3月まで 、大根、ブロッコリ、ネギなど沢山たべました。  これからは、キャベツ、豆などなど、 楽しみです。

アーユル・ヴェーダー

  • author: info
  • 2008/04/11 11:03

   スリランカではほぼ毎食、カリーをそのつど作って食べています。 作りおきはほとんどありません。   暑い国なので傷みやすいということも あるのでしょうが、カリーはなぜか作りたてが 一番美味しいのです。  スパイスの風味がとんでしまうのです。 日本風カレーは、一晩置いた方が美味しいといいますが、全く逆ですね。  作りたての香りとともに、冷めないうちにいただくのがグーです。 アーユル・ヴェーダでも食事は作りたてが一番とされています。  時間が経つにつれて、体のなかにアーマ(毒)を作り出す原因に成ってしまうのです。   アーマをつくりやすくする食事は、 冷蔵庫にある作り置きの料理、 添加物の入ったもの、 加工食品、 遺伝子組み換えのはいったものなどなど・・・・・ うーん、耳の痛い話ではありませんか!  我々日本人には、ほど遠い! でも待て待て。なにせ約5千年
の歴史をもつ強者、なにかいい方法を知っているはず・・・・というわけで、次回より我々日本人でも出来る、アーユル・ヴェーダー的健康生活を、ご紹介します

スリランカカリー

  • author: info
  • 2008/04/10 11:11

 前回に引き続き、カリー談義といたします。 大親友のスリランカ人が作るカリーは絶品デス!!  我が家にきたときは、必ず作ってくれます。  実に手際よく作ります。 チキン、ジャガイモ、が定番で それに季節のカリーが加わります。 彼の奥様が作るカレーもこれまた美味!! なんでも各家庭で、ハーブ・スパイスのブレンドが違うらしく、まさにおふくろの味といったところでしょうか。  カリーの色のもと、ターメリックは、炒り加減で色、辛さが違ってくるので、鮮やかな黄色のものから よく炒った茶色のものまで 何種類か用意してあります。   素材によって違ったブレンドをします。  私も手ほどきを受けました。何度か作ってみましたが、上手くは出来たものの・・・何かが違う・・・それはそうでしょう!  教わって すぐに煮物が美味く作れないのとおなじこと。 スパイスも奥が深い~

スリランカカリー

  • author: info
  • 2008/04/09 11:02

  カレー好きにはたまらないスリランカのおいしいカリー!思い出しただけでも、腹が鳴る鳴る・・・あの美味なるカリーよ! 芳醇な香り、味の絶妙なバランス、そして食べ過ぎてももたれないハーブ・スパイスの頼もしい力!食いしん坊にとって このうえなく魅力的な食べ物である。   いわゆるルーで作る一般的な日本のカレーと違い、スパイス中心で作るスリランカカレーは、一つの具で一つのカレーを作り、何種類かならべる。 例えばジャガイモカリー、チキンカリー、魚カリー、豆カリーなどなど。 それをライスをよそったお皿に 少しずつ全部のせ、右手でまぜまぜして食べる。 ちなみに左手は不浄の手とされるので使わない。 なんでもご用を済ませた後に 洗う手とされているそうな。  話はカリーに戻すが、このまぜまぜが大事。 子供のころ泥遊びのこねこね、を思い出して欲しい。まさにあの感じ。 よく混ぜた方が、断然おいしいのだ!  何種類かのカレーの味がまぜまぜで、お互いを引き立てあう。 ちなみにカリーのお供には、是非スパイシーハーブスープを!  相乗効果で胃腸にグー◎ ああ、食べたくなってきたー  今夜はカリーだぁ。