紀元前1千年の世界

  • author: info
  • 2008/07/23 14:32

アーユル・ヴェーダはインドで今から約5000年以上前に、神聖な教えを説く賢者の深遠なる知恵から発展した。 それらの知恵は師から弟子へと口頭伝授され、紀元前1000年頃、古代サンスクリット語の4つの聖典の1つ 『アタルヴァ・ヴァーダ』にまとめられた。 紀元前1000年頃とは、世界史的にはどんな時代であるのかみてみよう。 インド付近ではインダス文明が衰退し、アーリア人がガンジス川流域に進出してきた。 そしてオリエントでは、ヘブライ王国にはダビデ王が君臨し、アッシリア帝国が隆盛のときをむかえる。 エジプトは第21王朝にあたり衰退期に入り、ヒッタイト王国は崩壊。 ヨーロッパではようやく鉄器時代となる。  中国は周(西周)の武王が殷を滅ぼした。 日本では縄文後期文化と晩期文化への過渡期にあたる

健康医学

  • author: info
  • 2008/06/02 11:08

   アーユル・ヴェーダの医学は、その知恵を 日常生活のなかに、 いかに反映させるかという事 を説いています。  いわゆる 「養生学」や「健康医学」 といった方が 分かり易いでしょう。  食事を中心とした 日常生活での養生を 重要視しています。  その代表的医学書『チャラカサンヒター』のなかでも、 「身体は食物によって作られ、病気は間違った食生活が引き起こす」と説いています。  病気の原因である 「毒素=アーマ」は、 食べたものが、正常に消化されないことにより作り出される、と考えます。  体調や体質に合わせて食べ物を選ぶことの重要性、そしてアーマを取り去る浄化法 を説いています。

魂の健康

  • author: info
  • 2008/05/30 11:03

   アーユル・ヴェーダでは、「病気に罹っていないことが健康である」 のではなく、 「肉体のみならず精神、魂の3つが健全であることが健康である」としています。  人間の魂や心も含めて 一つの宇宙(ミクロコスモス)としてとらえ、 心と身体を健全に保つことで、 魂の浄化を促そうとします。  つまり、「魂の健康をめざすこと」が、最終目的なのです。  それは、アーユル・ヴェーダの心理学の基礎である「ヨガ」の目的でもあります。

アーユル・ヴェーダとは

  • author: info
  • 2008/05/29 11:17

   アーユル・ヴェーダはサンスクリット語で、「生命の科学」という意味です。 生命全体を包含し、個人の生命と宇宙の生命の繋がりを法則化したものです。  人間の身体を一つの宇宙として考えます。  身体、精神、霊魂の3つが、ともに健康であることを、めざしています。  個人の生命と、宇宙の生命を より深く調和させるための、あらゆる術をもっています。

スリランカアーユル・ヴェーダ

  • author: info
  • 2008/05/28 11:19

  スリランカアーユル・ヴェーダは、インド発祥といわれるアーユル・ヴェーダと、デーシャチャキッサという スリランカ固有の伝統医療が融合したものです。   インドにはないスリランカ独自のハーブを、多数使用するのが特徴です。  スリランカにしか自生しない、貴重なハーブ・薬草が数多くあります。 スリランカは、1961年にアーユル・ヴェーダ法を制定し、 1980年に伝統医療省(アーユル・ヴェーダ省)を創設しました。  現在、スリランカアーユル・ヴェーダを、国の知的財産として後世へ伝える為に、積極的に取り組んでいます。

勉強

  • author: info
  • 2008/05/12 11:21

  の 意味には脱帽でしたが、 アーユルヴェーダでは 驚き桃の木なことが、盛りだくさん!  毎日 感心しながら 勉強しています。  よりよく生きていくため、 より自然と共生していくため、  5000年の知恵を 活かしていきたいですね。   皆様が、健康的な毎日を過ごせるヒントを、 お伝え出来たらいいな、と 思っています。    とにかく、とても奥が深い・・・    難しいけれど、 新しいことばかりなので、 学ぶことは とても楽しいデス。     いまこそ、叡智を目覚めさせましょう。

ラサ

  • author: info
  • 2008/05/09 12:27

 アーユルヴェーダでは 味で分類する と書きましたが、もう少し詳しく ご紹介。 味という意味の サンスクリット語『ラサ』には、沢山の意味があります。
まず、「エッセンス」という意味。 植物のエッセンスを表し、その性質を理解する 手助けになります。 「樹液」という意味もあります。  ハーブの味は、人を元気づける  樹液の性質を表しています。 そして、「感謝」 「芸術的な喜び」 「音楽的な調べ」 「循環」 「生き生きと感じる」 「踊る」 という意味もあります。  ここまでくると、もはや理解不能、 『踊るマハラジャ』 状態! です。  つまり、味をとうして、植物から元気をもらい、 身体の中から巡ってくる  まさに生きているという喜びは、踊りださずにはいられない程で ・・・ハーブ食ったら 元気になって踊り出した! ってな訳ですかね。  味は偉大だ、 元気の母だぁ、 ふぅー、お疲れ。

アーユル・ヴェーダ

  • author: info
  • 2008/04/28 12:15

 アーユルヴェーダは約5000年の歴史があるそうです。                   長きに亘り連綿と受け継がれてきたその知識には、本当にびっくりさせられます。               現代人が 必要としている 「癒し」の知恵も沢山。                                西洋医学の限界を感じている人たちの、希望の星でしょう。